2011-09-27(Tue)

au版 iPhone5(アイフォン5)の販売価格 テザリング(ホットスポット機能) を予想する

au版 iPhone5(アイフォン5)の販売価格 テザリング(ホットスポット機能) を予想する

以前このようなテーマを書いたが確定したのでこちらを見ていただきたい。

以下リンク参照
au版 iPhone4S(アイフォン4S)の販売価格と毎月割 確定

au版のiPhone5が発売すると報道され、KDDIは今年最高値の株価を更新したが、2012年1月~3月にも登場すると予定されているau版iPhone5を筆者の独自の見解を元に予想したい。

まずはiPhone4のベライゾン版(Verizon Wireless)とAT&Tでの比較を元に日本で現在独占販売しているソフトバンクと同様の比較としていきたい。

まずは通信方式が異なる為、日本でiPhone4は発売されないとの報道があったが、その後CDMA方式のiPhone4が発売され、アメリカではAT&Tの独占販売状態だったものが、ベライゾン版(Verizon Wireless)として登場したことは記憶に新しいところだ。

iPhone5がauでも登場することを踏まえるとW-CDMA方式とCDMA方式の2機種が同時販売されると考えられる。

よってアメリカではAT&Tとベライゾン版(Verizon Wireless)を恐らく発売当初からラインナップするだろう。

ベライゾン版(Verizon Wireless)であるが、ホットスポット(テザリング)に対応しており、AT&Tは対応していない。

今回au版iPhone5はEVOでもテザリング対応としている為、テザリングに対応している可能性は十分にありえる。

ただし料金体系はEVOではISフラットの場合、5,460円の定額内で可能であったがWiMAXへ通信を逃がせれるメリットもあり、5,460円という格安でテザリング対応としたが、iPhone5がWiMAX対応していないと想像されることからテザリング対応はPC接続料金10,395円が適用される可能性がある。

単体での使用の場合は報道でもあった4,000円台との報道から4,410円でソフトバンクと同様の料金プランとなる可能性が高い。ひょっとしたら毎月割適用で4,000円台となる可能性もあり、ISフラットの5,460円となる可能性もある。

よって料金プランが同様の場合はauのほうがエリアが広いことから同様の金額の場合は確実にauのほうがメリットがある。

また気になる毎月割であるが、恐らくソフトバンクに合わせてくるだろう。

ただしキャリアが異なる為、端末料金に違いがある可能性もあり、ひょっとすると6万円台(現状販売されているスマートフォンと同等価格)になる可能性もあり、その場合だと毎月割は1,500円程度もしくは1,000円程度になる可能性もある。

恐らく実質価格ではソフトバンクより上回る可能性が高いと見られる。関連ページにも書いたが毎月割りやテザリング機能を有し、ひょっとしたら安価に提供される可能性もある。もしくは同価という可能性も拭えない。

通信費が仮に4,410円の場合、Androidとの通信費との差もあることから、毎月割を抑えて、AndroidやWindowsPhoneとの差がないように販売戦略を取ると思われる。

個人的にはiPhoneはかなりいい機種だと感じるので、ソフトバンクのエリアやサポートに疑問を感じた方はau版への乗り換えも検討の余地ありだろう。

恐らくiPhone5に限ってはMNP一括ゼロ円などのような販売戦略は取らない(Appleの施策により取れない)可能性も高い為、2年間の維持費を勘案してソフトバンクかauにするかを決めて頂きたい。

今のところKDDI担当者は「ノーコメント」の一点張りの為、そもそも発売されるかどうかもまだ未定である。

あくまで予想の為、決定後に報告する予定だ。

【関連項目】
Apple(アップル) iPhone5(アイフォン5)(iPhone4S) 最終噂まとめ10月5日2時発表予定
au版 iPhone5(アイフォン5)の販売価格と毎月割を予想する。
b-mobile iPhone4(アイフォン4)SIMフリー版 販売価格 テザリング対応
ソフトバンク au パケット通信速度制限 限度パケット数の違い
au スマホ 帯域制限 直近3日で300万パケット以上使用分で通信速度制限(2011年10月1日から)
au スマホ 帯域制限 1ヶ月で5GB(ギガ)以上使用分で通信速度制限

トップページへのリンク
姉妹サイト初心者スマホ部へのリンク


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
スポンサードサイト


最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Author:携帯情報局
自分が知りえたケータイに関する情報や料金対策などまとめていきたいと思います。

スポンサードサイト

カテゴリ
スポンサードサイト
リンク