最新記事
スポンサードサイト


プロフィール

携帯情報局

Author:携帯情報局
自分が知りえたケータイに関する情報や料金対策などまとめていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
総務省 完全SIMフリー化 テザリング解除には応じず ドコモの見解

総務省が2015年の5月から携帯を販売するときはSIMフリーモデルとして販売することを方針としなさいと各キャリアに通達を出したことは知っている人も多いと思う。


スポンサーリンク


しかしながらキャリア側はそのSIMフリーをすることは仕方ないと思いつつも実はテザリング封じは行っているのだ。

特にドコモの端末であるが、MVNOのSIMを使われるとキャリアのSIMを使ってくれなくなる。

となるとデータ通信費は回収出来なくなるので、残念ながら儲からないのだ。

となるとMVNOのSIMを指しているユーザーがお得ということになるのであるが、実はそこに罠があるのだ。

SIMフリー機種でありながらテザリングが封じられているということ。

要するにドコモで携帯を購入してSIMフリーは無料で行うが、テザリングまでの解除は行いませんということだ。

テザリングが出来れば、海外などに行った時にはかなり重宝するのであるが、それが封じられるということは、利用者に対して不便を感じる人も多いだろう。

それが嫌ならドコモのSIMを使いなさいということである。

結局テザリングというAndroidもしくはiPhoneの標準機能は封じられているのである。

ちなみに総務省はこの件に関しては静観しているので、テザリング封じのままSIMフリー端末化となるわけだ。

本当に残念なことであるが、総務省が動かない限り、このテザリングはMVNOでは使えないままだ。

それこそアプリのインストールをしないと使えない。

そのあたりを考えながらSIMフリーについて考えてもらいたい。

ちなみに元々SIMフリーで販売している機種はテザリング封じは行われていないので、問題ない。

スポンサーリンク


関連記事
2015/01/07 13:56 その他情報 TB(0) CM(-)
トラックバック
http://keitaijohokyoku.blog.fc2.com/tb.php/2713-48893751
スポンサードサイト


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。