最新記事
スポンサードサイト


プロフィール

携帯情報局

Author:携帯情報局
自分が知りえたケータイに関する情報や料金対策などまとめていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
ドコモ ブラックリスト入り条件(短期解約扱い) 90日ルール

ドコモで短期解約者となる条件を記述したい。


スポンサーリンク

ドコモの場合180日以内の解約は短期解約者とした扱われる可能性が非常に高い。

実はこれは公表されている条件ではないが、ほぼ180日で間違いないだろう。

ということはMNPなどで転入と転出を繰り返している人は6ヶ月以上は同一契約でいる必要がある。

それではそれまでに解約したらどうなるのか?という疑問であるが、それ以前での解約は当然可能である。

解約した後に次回ドコモに加入しようとしても断られる可能性が高くなるのだ。

それは180日以内の解約はドコモに何らかの不満があると見なされ、ブラックリスト入りする可能性が高い。

ただし、1年以上契約しているドコモの契約が同じ名義があれば、その可能性も非常に低く、ブラック入りする可能性は低い。

これは一般的な見解である為、実際にブラックリスト入りするのはドコモ独自の仕組みの中で動いている為、一般人には非公開である。

また支払いをクレジットにしている人はブラック入りする可能性も低い。

理由は支払いが万が一滞ったとしても、クレジット会社が支払を肩代わりしてくれる為である。

後注意しないといけないのが、他社での未納がある場合である。

他社で未納があるとまずドコモでの加入は断られる。

未納がある人は未納を完済した後にドコモに加入すれば、契約を断られる可能性は低くなる。

最後にドコモでは契約制限を行なっており、同一名義で音声5回線、データ5回線の合計10回線が一人で所持できるマックスである。

スマートフォンを所持しており、音声で5回線埋まっている人は、データ契約へ移行すれば、問題なく契約できる。

ただし90日ルールというものもあり、それは注意したいところだ。

90日ルールに関してはまた別途記述したい。

とにかくドコモに契約したら180日は契約し続けてブラック入りにならないよう注意してほしいところだ。

iPhoneなどが発売され、若干ルール変更があるかも知れない。

iPhoneはソフトバンクも若干縛りがきつくドコモも同様になるかも知れない。

まだ発売されて間もないので、あまり情報がないが追随していきたい

スポンサーリンク

関連記事
2014/12/29 07:39 ドコモケータイ情報 TB(0) CM(1)
コメント
んー古いですね。
180日なんていう基準はまずないですよ。
記事を書くならもっと突っ込んだ記事書いてください。
私は3ヶ月以内に子回線を家族含め12回線解約してますが、ブラックにはなりません。
dcmxゴールドと主回線を3ヶ月以上維持すれば、子回線はまず大丈夫です。

これくらいリアルな情報ください。

分かりきった説明書みたいな記事はいりません

2014/11/01 13:46 こじこじ URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://keitaijohokyoku.blog.fc2.com/tb.php/398-d0955c77
スポンサードサイト


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。